アトピーカウンセリング | 私の治療歴【23】〜少食・断食健康法〜手放すから得られるもの☝️
15899
post-template-default,single,single-post,postid-15899,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

私の治療歴【23】〜少食・断食健康法〜手放すから得られるもの☝️

私の治療歴【23】〜少食・断食健康法〜手放すから得られるもの☝️

%e6%89%8b%e6%94%be%e3%81%99%e7%94%bb%e5%83%8f

断食中の思い出は
今は本当に懐かしくて
笑えることばかり

ふと気が付くと
食事のテーブルの下に
うずくまっている妹を発見!

私「そんなとこで何してんの?」
妹「おねえやん、
ごめんクッキー食べてた」

玄米と豆腐のみで頑張ってる私に
悪いと思って
テーブルの下で
おやつを食べていた妹

すぐに見つかるに決まっているのに
何かと笑かそうとするところが
関西人です!

私が玄米と豆腐を
食べている横で

めちゃくちゃニンニクの香りがする
ラーメンと餃子を食べている両親

「あんな~
娘が頑張ってるのに
それはないやろ~」
・・・と心の中で突っ込む日から

どんなに美味しそうな料理を
隣で食べていても
私は
玄米と豆腐サイコー!
と心底思える日まで

それはそれは
甲田先生の本を
ひたすら読み
自分の食欲と
向き合いました

最終的には
味見をせずに
(味見できないので)
家族の料理を
楽しんで作れるまでに

最初は自分が食べれない料理を
私が作るという
発想もありませんでしたから!

味見ができない・・・
となると
想像力が働き
ちょうど良い
調味料の量が
分かるのです
これも面白い発見でした!

今は何でも食べていますが
未だに食事への
有難さを感じられ

何を食べても
美味しい!と
心から感謝ができています

飽食の時代
断食を経験することは
自分の病気治療の為だけでなく
何倍もの大きな気付きを頂けた
素晴らしい経験となっています

手放すことで
大きなものを得られるって
本当ですね!